2級電気工事施工管理技士:受験資格

A.学科・実地試験

学歴 電気工事施工に関する実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」に限る)
卒業後1年以上 卒業後1年6月以上
短期大学・5年制高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(「専門士」に限る)
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く)
卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
その他の者 8年以上
第一種電気工事士免状の交付を受けた者 実務経験年数は問いません
第二種電気工事士免状の交付を受けた者 1年以上
第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付を受けた者 1年以上

※実務経験年数は、試験日の前日までで計算してください。

B.学科試験のみ

平成29年度中に満17歳以上になる者

C.実地試験のみ

平成28年度の学科試験の合格者
技術士法による第二次試験の技術部門のうち、電気電子部門、建設部門又は総合技術監理部門(選択科目が電気電子部門又は建設部門に係るもの)に合格した者で、前記「A.学科・実地試験受験」の受験資格を有する者
上記「B.学科試験のみ」の合格者で指定学科卒業後一定の有効期間内にあり、「A.学科・実地試験受験」の受験資格を有する者
※ 有効期間は、学歴により異なります。詳しくは「受験の手引き(願書)をご覧になるか、お問い合わせください。
ホーム/2級電気工事施工管理技士:受験資格