1級土木施工管理技士:受験者数・合格率動向

試験実施機関(財団法人 全国建設研修センター)過去10年の公表データ

【概況・分析】減少傾向にあった受験者数が平成22年度は増加に転じましたが、平成23年度は東日本大震災の影響もあり減少しました。合格率は、学科試験、実地試験を通算すると10%前後と非常に厳しくなっています。特に平成18年度以降は実地試験の難度が高くなり、合格率が急激に低下しました。KGKC受験準備講習会参加者の合格率は、下記を大幅に上回っています。
区分 学科試験 実地試験
実施年 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合 格 率
平成28年度 35,340 19,454 55.0% 平成29年1月発表
平成27年度 35,810 19,551 54.6% 27,547 10,266 37.3%
平成26年度 33,130 19,389 58.5% 28,010 11,064 39.5%
平成25年度 32,639 19,568 60.0% 29,182 10,299 35.3%
平成24年度 37,703 20,674 54.8% 27,675 9,585 34.6%
平成23年度 34,241 13,959 40.8% 26,617 5,544 20.8%
平成22年度 39,733 21,066 53.0% 30,864 5,720 18.5%
平成21年度 34,900 17,762 50.9% 34,205 6,544 19.1%
平成20年度 40,556 28,603 70.5% 37,593 9,743 25.9%
平成19年度 42,234 21,458 50.8% 35,161 12,899 36.7%
ホーム/1級土木施工管理技士:受験者数・合格率動向