2級建築施工管理技士:受験資格

A.学科・実地試験

学 歴 建築施工に関する実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」に限る)
卒業後1年以上 卒業後1年6月以上
短期大学・5年制高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(「専門士」に限る)
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校・中等教育学校卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く)
卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
その他の者 8年以上
職業能力開発促進法による技能検定に合格した者
受験
種別
技能検定職種 (〔 〕内は選択科目) 建築施工管理に関する実務経験年数

1級の鉄工〔構造物鉄工作業〕、とび、ブロック建築、型枠施工、鉄筋施工〔鉄筋組立て作業〕、コンクリート圧送施工 問いません
2級の鉄工〔構造物鉄工作業〕、とび、ブロック建築、型枠施工、鉄筋施工〔鉄筋組立て作業〕、コンクリート圧送施工 4年以上
平成15年度以前に上記の検定職種に合格した者 問いません
エーエルシーパネル施工 問いません
職業訓練法施行令の一部を改正する法令(昭和60年政令第248号)による改正前の職業訓練法施行令による鉄筋組立て 問いません


1級の建築板金〔内外装板金作業〕、石材施工〔石張り作業〕、建築大工、左官、タイル張り、畳製作、防水施工、内装仕上げ施工、〔プラスチック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業〕、スレート施工、熱絶縁施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、ガラス施工、表装〔壁装作業〕、塗装〔建築塗装作業〕 問いません
2級の建築板金〔内外装板金作業〕、石材施工〔石張り作業〕、建築大工、左官、タイル張り、畳製作、防水施工、内装仕上げ施工、〔プラスチック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業〕、スレート施工、熱絶縁施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、ガラス施工、表装〔壁装作業〕、塗装〔建築塗装作業〕 4年以上
平成15年度以前に上記の検定職種に合格した者 問いません
れんが積み 問いません
職業能力開発促進法施行令及び地方公共団体手数料令の一部を改正する法令(昭和61年政令第19号)による改正前の職業能力開発促進法施行令による石工〔石張り作業〕、床仕上げ施工、天井仕上げ施工 問いません

※ 実務経験年数は、試験日の前日までで計算してください。

受験種別毎の必要とする実務経験の工事種別

受験
種別
「建築」 「躯体」 「仕上げ」
実務経験の内容 建築一式に関する工事の実務経験 建築工事のうち、主として主要構造部分に関する工事の実務経験 建築工事のうち、主として内外装に関する工事の実務経験
具体的な工事種別 ■建築一式工事
■大工(一式)工事
■型枠工事
■とび・土工・コンクリート工事
■鋼構造物工事
■鉄筋工事
■ブロック工事
■造作工事 ■左官工事
■石工事  ■屋根工事
■タイル・レンガ工事
■板金工事 ■ガラス工事
■塗装工事 ■防水工事
■内装仕上げ工事
■建具工事 ■熱絶縁工事

実務経験の作業内容

■現場施工(技能工の現場における施工作業)
■施工管理(請負者の立場での現場管理業務)
■総合管理(総括的な立場での現場管理業務)
■設計監理(設計者の立場での工事監理業務)
■施工監督(発注者の立場での工事監理業務)

B.学科試験のみ

平成29年度中に満17歳以上になる者

C.実地試験のみ

平成28年度の学科試験の合格者
建築士法による1級建築士試験合格者で、上記「A.学科・実地試験」の受験資格を有する者
上記「B.学科試験のみ」の合格者で指定学科を卒業後一定の有効期間内にあり、「A.学科・実地試験」の受験資格を有する者
※ 有効期間は、学歴により異なります。詳しくは「受験の手引き」(願書)をご覧になるか、お問い合わせください。

※ 指定学科とは、
国土交通省令で定められている学科及びそれに準ずると認められている学科等で、衛生工学科・機械(工学)科・建築(学)科・鉱山土木学科・砂防学科・森林土木(学)科・造園(学)科・治山学科・電気(工学)科・都市工学科・土木(工学)科・農業土木(学)科・縁地(学)科等をいいます。学校により呼び名が異なっていたり、「コース、講座、専攻」等の指定があるものがありますので、詳しくは、「受験の手引」(願書)をご覧になるか、お問い合わせください。

ホーム/2級建築施工管理技士:受験資格