1級管工事施工管理技士:受験資格

1級学科

区分 学歴又は資格 管工事施工に関する実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」に限る)
卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
短期大学・5年制高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(「専門士」に限る)
卒業後5年以上 卒業後7年6月以上
高等学校卒業者・専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く) 卒業後10年以上 卒業後11年6月以上
その他の者 15年以上
2級合格後3年以上の者 合格後1年以上の指導監督的実務経験及び専任の監理技術者による指導を受けた実務経験2年以上を含む3年以上
2級合格後5年以上の者 合格後5年以上
2級合格後5年未満の者 高等学校卒業者・専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く) 卒業後9年以上 卒業後10年6月以上
その他の者 14年以上
技能検定合格者 ※1 10年以上
高等学校卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く)
卒業後8年以上の実務経験(その実務経験に指導監督的実務経験1年以上を含み、かつ、5年以上の実務経験の後専任の監理技術者による指導を受けた実務経験2年以上を含む) -
専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者 2級合格者 合格後3年以上の者 合格後1年以上の専任の主任技術者の実務経験を含む3年以上
合格後3年未満の者 短期大学・5年制高等専門学校卒業者・専門学校卒業者(「専門士」に限る) イの区分 卒業後7年以上
高等学校卒業者・専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く) 卒業後7年以上 卒業後8年6月以上
その他の者 12年以上
高等学校卒業者・専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く) 卒業後8年以上 卒業後11年以上※2
その他の者 13年以上

○実務経験年数は、試験日の前日までで計算してください。
○実務経験年数には、指導監督的実務経験を1年以上含むことが必要です。
※1 1級の「配管」(建築配管作業) の合格者、又は、1級の空気調和設備配管、給排水衛生設備配管、配管工の合格者。
※2 職業能力開発促進法による2級配管技能検定合格者、給水装置工事主任技術者にあっては9年6ヶ月以上となります。

1級実地

平成28年度または平成29年度の1級管工事施工管理技術検定・学科試験の合格者
技術士法による技術士の第二次試験のうちで該当部門に合格し、なおかつ1級管工事施工管理技術検定・学科試験の受験資格を有する者

■指定学科とは、土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科をいいます。
■実務経験年数とは、管工事の施工に関する技術上の職務経験を合計した年数をいいます。
■実務経験年数のうち、1年以上の指導監督的実務経験年数が必要です。
■指導監督的実務経験とは、管工事の施工にあたって、現場代理人・主任技術者・施工監督・工事主任などの立場で部下等を指示、指導又は監督し、工事の施工管理を適確に実施した経験をいいます。
(注意) 詳細については、『受験の手引』(願書) をご覧いただくか、お問い合わせください。

ホーム/1級管工事施工管理技士:受験資格