2級管工事施工管理技士:受験資格

A.学科・実地試験

学歴 管工事施工に関する実務経験年数
指定学科 指定学科以外
大学卒業者
専門学校卒業者(「高度専門士」に限る)
卒業後1年以上 卒業後1年6月以上
短期大学・5年制高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(「専門士」に限る)
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校卒業者・専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く) 卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
その他の者 8年以上
技能検定合格者 ※1 4年以上

(注意)実務経験年数は、試験日の前日までで計算してください。
※1 1級の「配管」(建築配管作業) 又は2級の「配管」の合格者、1級又は2級の空気調和設備配管、給排水衛生設備配管、配管工の合格者。

B.学科試験のみ

平成29年度中に満17歳以上になる者

C.実地試験のみ

平成28年度の学科試験の合格者
技術士法による第二次試験のうち該当部門に合格した者で上記「A.学科・実地試験」の受験資格を有する者
上記「B.学科試験のみ」の合格者で指定学科卒業後一定の有効期間内にあり、「A.学科・実地試験」の受験資格を有する者
※ 有効期間は、学歴により異なります。詳しくは「受験の手引き」(願書)をご覧になるか、お問い合わせください。
  • 指定学科とは、土木工学、都市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科をいいます。
  • 実務経験年数とは、管工事の施工に関する技術上の職務経験を合計した年数をいいます。

※詳細については、『受験の手引』(願書) をご覧いただくか、お問い合わせください。

ホーム/2級管工事施工管理技士:受験資格