1級管工事施工管理技士:出題傾向

学科試験

試験の形式

四肢択一式(マークシート方式)
出題数73問(必須問題38問、選択問題35問)
解答数60問(必須問題38問、選択問題22問)
合格基準点 36点(正答率 60.0%)

出題内容

A問題 (午前の部 2時間30分)
区分 細分 細目 出題数 必要解答数 解答区分
機械工学等 原論 環境工学 3 10 10 必須問題
流体工学 3
熱工学 3
その他 1
電気工学 2 2
建築学 2 2
空調設備 空気調和 5 11 23 12 選択問題
冷暖房 2
換気・排煙 4
衛生設備 上下水道 2 12
給水・給湯 3
排水・通気 3
消火設備 1
ガス設備 1
浄化槽 2
設備に関する知識 機材 3 5 5 必須問題
配管・ダクト 2
設計図書に関する知識 2 2
A問題計 44 33  
B問題(午後の部 2時間)
施工管理法 施工計画 2 17 17 必須問題
工程管理 2
品質管理 2
安全管理 2
工事施工 機器の据付 2
配管・ダクト 4
保温・保冷 1
その他 2
法規 労働安全衛生法 2 12 10 選択問題
労働基準法 1
建築基準法 2
建設業法 2
消防法 2
その他関連法規 3
B問題計 29 27  
合計 73 60  

分野別傾向

設備原論

空調・衛生の基礎となる分野。学問的で苦手とする受験者が多いが、空調・衛生設備の理解のためにしっかりと習得することが望ましい。

電気工学

電動機と配線工事に関する内容が頻出である。出題傾向はある程度絞られるので、過年度の問題に取り組み定番問題で確実に得点を狙える。

建築学

コンクリート材料・品質および施工、鉄筋工事、梁貫通および構造力学(モーメント図)等から出題される。難易度は高いが、電気工学同様、過去問題を理解しておくことが対策となる。

空調設備・衛生設備

機械設備全般から広く出題されるが、解答する問題を選択できるので、自分の専門や得意とする設備を中心に効率よく学習を進めることが肝要。

設備に関する知識

設備機材に関する問題。各種機器や配管材料の名称とその特徴を混同しないよう、整理して理解しておくことが学習のポイントとなる。

設計図書に関する知識

公共工事標準請負契約約款と配管の規格や記号に関する出題。繰り返し出題される内容が多いので過去問の理解が対策となる。

施工管理法

施工管理手法に関する問題は、特有の用語の理解が必要。出題範囲はそれほど広くないので時間を掛けて理解すれば、得点源となる。工事施工は、実務経験の乏しい受験者には難しい内容が多い。

法規

幅広い関連法令から出題される。用語・数値の暗記モノが中心となるが、頻出条文は限られており傾向はつかみやすい。専門知識や経験が少なくても得点しやすい分野。


※今年の出題予想等の詳細は当センターの受験準備講習会で配布する「KGKCデータブック」に掲載

実地試験

試験の形式

記述式
出題数6問(必須問題2問、選択問題4問)
解答数4問(必須問題2問、選択問題2問)
合格基準点 正答率60.0%

出題内容

科目 出題数 解答数 解答区分
設備全般 施工要領図 1 1 必須問題
空調設備 1 1 選択問題
衛生設備 1
工程管理 1 1 選択問題
法規 1
施工経験記述 1 1 必須問題

出題傾向

設備全般

一つは、施工要領図・系統図の判読や間違いを訂正する問題である。国土交通省大臣官房庁営繕部設備・環境課監修の公共建築設備工事標準図(機械設備工事編)や公的な機関から出されている標準図などで試験対策を立てるのが懸命である。
もう一方は、指定される設備工事・工法・機器における確認、調整事項、特徴・留意事項等を説明するものである。具体的かつ簡潔に記述しなければならないので、代表的な工事・工法の施工及び試運転時の重要事項や機器に関する長所と短所を整理して理解しておく必要がある。


工程管理

ネットワーク工程表の計算問題。所要工期、クリティカルパス、各フロートの算出は必須。さらにフォローアップや工期短縮、配員計画(山積み図・山崩し図)の手法の理解が必要である。

法規

労働安全衛生法と建設業法から出題されるが、出題形式としては、法令文の穴埋め問題が多い。過去に出題された内容や学科試験で学習した重要条文で、用語や数値を再度確認する必要がある。

施工経験記述

1級管工事施工管理技士として十分な実務経験と技術的知識を有しているかを、論文記述により判定する。記述しようとする工事と出題が予想される記述テーマについて、「工事概要」、「特に重要と考えた事項について、とった措置・対策」が整合性の取れた内容となるように、あらかじめ記述練習を積んでおく必要がある。

ホーム/1級管工事施工管理技士:出題傾向